お問合せからの流れ

1 お問合せ

まず、お電話にてご希望日時を伺い、訪問希望日を調整させていただきます。

2 ご訪問及びヒアリング

お客様からのご要望・その他回収条件等をお伺いし、廃棄物の基本情報(排出事業所、排出事業場所、現場)や廃棄物の品目・種類、保管状況、予定数量、搬出状況等のヒアリングを行います。
廃棄物の品目や種類によって処理困難物に該当する場合は、廃棄物のサンプル又はMSDS(安全データシート)やWDS(廃棄物データシート)の提出をお願いする場合がございます。

3 御見積書作成

ヒアリング時のお打ち合わせ内容をベースに、御見積書作成・提出・ご説明を致します。

4 契約書締結

御見積書提出及びご検討の上、ご承諾いただける場合には、廃棄物処理法に基づき契約書(収集運搬用・処分用)を作成準備致します。 (契約内容により2~3週間程かかる場合もございますので、お急ぎの場合は弊社営業担当者までお伝えください。)

5 受注確認

契約書締結後、回収作業日の日程調整を致します。受注票(弊社専用様式)をご用意致しますので、ご希望日の3日(営業日)前までにFAX等にてお知らせください。

6 回収作業及びマニフェスト伝票発行

既に打ち合わせをさせていただきました排出事業場所(現場)へ伺い、お客様立会い確認のもと、廃棄物の品目ごとに収集・運搬致します。その際に、廃棄物処理法に基づきマニフェスト伝票等を発行致します。


7 マニフェスト伝票の返却

お預かりした廃棄物の運搬及び処分が完了次第、順次発行済みマニフェスト伝票を返却致します。 なお、廃棄物処理法に基づき契約書やマニフェスト伝票は5年間の保管義務がございますので、各帳票類の取扱いに注意を御願い致します。

8 ご請求書の発行

廃棄物の処分が完了し、マニフェスト伝票の返却後、ご請求書を作成・発送致します。 (ご契約の内容により、マニフェスト伝票とご請求書をまとめて発送する場合もございます。)

9 業務完了後のフォロー

後日、ご担当者様宛にご訪問をさせていただき、作業完了確認及びご報告の上、今後の回収時における問題点や希望・要望事項等の有無確認を行い、社内改善を継続してまいります。

許可について

■排出事業者の責任

事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければなりません。
(法第3条)



■排出事業者等への措置命令

事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならないとする「排出事業者の処理責任」を負っており、その処理を許可業者等に委託したとしても、その責任を免れるものではありません。 事業者は適正な処理料金を負担していない場合や、不適正処分が行われていることを知っていた、又は知ることができた場合には、廃棄物委託契約書やマニフェスト伝票等の取扱いが適正であっても、措置命令の対象となり、違反した場合には罰則が適用されます。
(法第19条の5及び6)


廃棄物の適正な処理・処分についてお困りの場合には、弊社営業スタッフが丁寧に対応致しますので弊社営業担当宛までどうぞお気軽にお問合せ下さい。

回収エリア

■一般廃棄物収集運搬業

埼玉県:狭山市、所沢市、入間市、川越市
東京都:板橋区、江戸川区、葛飾区、江東区、新宿区、墨田区、千代田区、豊島区、練馬区、文京区
(計10区)

■産業廃棄物収集運搬業

埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、栃木県、茨城県、群馬県

■特別管理産業廃棄物収集運搬業

埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、栃木県、茨城県、群馬県

■産業廃棄物処分業

埼玉県

■特別管理産業廃棄物処分業

埼玉県


平成28年10月1日 現在


各エリアの取扱品目についてはこちらよりお問い合わせください。


>>一覧表はこちら

Copyright(c) Komiyama Shoji Inc. All Rights Reserved.